上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近何かと話題の『ツイッター』。テレビや雑誌でも
良く見かけますよね。政治家や芸能人のようないろん
な有名人もツイッターで情報を発信してますね。


簡単に言えばいろんな情報を『つぶやき』のように書
き込みしてそれに他の人たちが書き込みをしていく。。
そんなネットコミュニティです。



僕のまわりでも最近ツイッターを始める人が多いので
気になってアカウントを作ってみましたがいろんな使
い方があってどう使ったらいいか良く分かりません。



これから雑誌で勉強してみようと思います。本屋さん
に行けばいろんなツイッター専門雑誌がありますよね。
ツイッターの使い方が面白いほどわかる本 (中経の文庫)



そんなツイッターなんですが、恵泉女学園大の学生さ
んが震災の影響で中止が決まった卒業式を、『みんな
で卒業したい』との思いから、ツイッターに書き込み
をして、それに賛同した卒業生がパソコンや携帯電話
で書き込みをして『エア卒業式』が実現したというニ
ュースがありました。

エア卒業式



『ツイッターって何?』という学長さんも手ほどきを
受けながら参加されたようですね。学長さんも参加で
みんなそれぞれの思いで卒業できたんではないでしょ
うか?(涙)卒業生がこれから力強く世の中で頑張っ
ていかれることを願っています。



なんともほのぼのしたツイッタ-の活用法でしたが、
これからはいろんな緊急時にツイッターを使って情
報が広がって行く事が予想できますね。そんな時に
使い方が分からないってことにならないように勉強
しなくては。。


分かりやすい説明でオススメはこれ↓
ツイッターの使い方が面白いほどわかる本 (中経の文庫)






スポンサーサイト
阪神大震災のときに、私は仕事で神戸市内に勤務してましたが、
あのときの神戸市内の被害の光景はいまだに忘れません。
でも今回の津波による建物の被害はすごいですよね。改めて水の
力の恐ろしさを感じました。



ところで今回みたいに広い範囲で被害があると、いったい被害金
額はどのくらいになるんだろうと普通に思うのは私だけでしょうか?
被害金額といってもなかなか試算が難しいと思うので地震保険の支払
い金額を参考にすれば分かりやすいんじゃないでしょうか。




なぜかというと地震保険は次のような場合に保険金額が支払われるからです。

地震保険


◆地震の振動による倒壊、破損
◆地震の振動により転倒したストーブによって生じた火災による焼損
◆地震による津波によって生じた流出、倒壊
◆噴火に伴う溶岩流、噴石、火山灰や爆風によって生じた倒壊、埋没
 噴火に伴う火砕流によって生じた焼損
◆地震や噴火の結果生じた土砂災害による流出、埋没



もちろん『津波』の被害もちゃんと入っていてなるほどほとんど地震の
ときに起こりうる被害をカバーしていますね。



ちなみに阪神大震災のときの地震保険の支払額は783億らしいです。
知ってましたか?今回は実に数千億円規模になるそうです。まだ具体
的には分かってないみたいですが。。。それをほんとに全額保険会社
が払うのかと思いきやそうではないみたいです。



下のイメージ図を見てください。(読売ニュースより抜粋)


地震保険支払いイメージ



簡単に言えば支払いは、1150億円までは民間損保会社が負担
それを超えた金額は国と民間で折半する仕組みになってます。



官民合わせた支払額が全体で1兆9250億円を超える場合、超過額
の95%分は国が負担することになっていて国も痛みを分かち合う
仕組みになっていますね。



でも国だって負担の限度があると思うし、まずは丈夫な家をつくるのが
先決ですね。今なら無料で診断してくれますね。











みなさん覚えていますか?



日本の電力は大まかに言うと西日本が60ヘルツで東日本が50ヘルツ
だとこの前言いましたね。コレが今回のような震災時の電力の融通の邪魔
になってるんだけど、暗い話ばっかりじゃなくて明るい話もあるんです~



実は50ヘルツと60ヘルツの違いを解決する方法があるんです。よく
考えたら当たり前の話だけど周波数を変換するんです。そんな夢のよう
な事が出来るんですね。半導体によっていったん交流の電気を直流に変
えてそれをまた違う周波数の交流に変換する方法です。



もっと詳しく言うと27万5,000ボルトの交流を一度12万5,000ボルトの直流
に変換して、それをまた交流に戻すことで最大30万キロワットの電気を変換
できるそうです。




そんな電力の橋渡し的役目を果たしてるのが、静岡県の浜松にある佐久間
周波数変換所なんです。

佐久間周波数変換所



こんな変換設備で電気を変換してるんですね。

変換設備


他にも新信濃変電所、中部電力の東清水変電所があり、合計100万キロワット
の電力が融通できるらしいです。これはおよそ原子力発電所の原子炉1基分の
発電電力に相当するという事です。




話は変りますが、それにしても原子力を平和利用する原子力発電というのは
よく考えたもんですが、今回のようなことが起こると原子力発電は厄介ですね。
原子力に変わるもっと効率のいい発電方法は無いんでしょうかね?
こんな探究心から技術って発達していくんでしょうね?誰か考えて~(笑)










皆さん福島第一原発冷却のためのヘリを使った水投下作戦が取りやめ
になったのはショックですね。(悲)



日に日に原発付近の放射線量が増えてきているためでヘリも近寄れな
いとか。何とかいい方法ないもんかな~と今日も一日考えてました。
いったいこの先どうなるんでしょう?



ところでニュースに出てくる『ミリシーベルト』という単位知ってま
した?放射線量の単位らしいですが私も今回の地震ではじめて知り
ました。ナノシーベルト→マイクロシーベルト→ミリシーベルトとい
う風に1000倍ごとに単位が変るんですよ。




もっと分かりやすく言うと『1000ナノシーベルト』が『1マイクロシー
ベルト』、『1000マイクロシーベルト』が『1ミリシーベルト』なんで
す。最初のころはニュースでも『マイクロシーベルト』って言ってたけ
ど数字が大きくなってきたので単位を切り上げて来たのでコレはヤバイ
と私も色々調べたんですよ。




オマケにニュースで計った放射線量が400ミリシーベルトで、人間の健
康に明らかに影響が出るのが100ミリシーベルト以上って言うんですから。




今日のニュースでは新宿、さいたま市、世田谷、横須賀でも放射線量が
上昇したらしくて怖いですね。何しろ目に見えないですもんね。それと
風にも流されていくらしいのでほんと予想がつかなくて怖いですね。




そしたら『どうやったらいいの』と思いますが、



◆外に出るな
◆皮膚の露出を避けて鼻や口は湿ったタオルでおおう
◆着ていた服は脱いでビニール袋に入れて口をしばる
◆シャワーを浴びる
◆外にあったものは食べない




と色々言われてるけど、それはチョット無理だろ~と悩んでしまう内容
もあって困ったものです。せめてどのくらい被曝したか、健康上問題ない
のか調べるには『染色体の分析』、『血液検査』など結構めんどうな検査
をしないといけないみたいです。




でもこんな手っ取り早い、確実なのがあるらしいです。痛みも何も無いみ
たいだし。とりあえずコレで安心出来るなら使ってみる価値ありですね。

★オススメ放射線測定器★












ほんとにテレビを見ていて今回の地震の被害の大きさと、自然の力
の前での人間の無力さにただ驚くばかりですね。みなさんは地震発
生後最初からあんな被害が大きいと予想出来ましたか?誰も予想で
きなかったはずです。




予想できなかったのは被害だけじゃなくいろんな予想できなかった
ことが起きてますね。その一つが『土葬』を認めるというもの。
理由は死者の方の数も半端じゃなく、あまりにもたくさんの遺体が
見つかっているのと、地震で燃料不足、停電などで、火葬場は稼働
せず、遺体の腐敗が深刻化しているとのことで『土葬』を認めると
のことらしいのです。




ですが、そもそも日本は昔は土葬だったんですね。今でも奈良県で
は土葬の習慣が残ってところがあるらしいですが。。。。



じゃあなぜ『火葬』になったのでしょう?それは無くなった人
からの感染症予防の為だそうです。それと昭和になってから
火葬場が整備されてきたからだそうです。でも特別な人は今も
土葬だそうです。



たとえば天皇、皇族は基本的には土葬で、陵が築かれ埋葬される
らしい。でも皇后を除く皇族は、本人の希望で最近は火葬される
例が増えているようです。ともあれ思わぬところでいろんな影響
が出てるんだな~と考えさせられる事ばかりですね。




きちんとした葬式もしてやれない遺族の気持ちを考えるとせめて
早く発見してあげて欲しいものですが、警察犬も出動しているの
で人間の力で見つけるよりは少しでも早く見つけることができる
んじゃないかと少し期待してますが、どうなんでしょうかね。



警察犬頑張れ!!






プロフィール
毎日仕事に追われながらも、家庭ではしっかり2児のパパ。 忙しくても日々のニュースのチェックには余念がありません。 みなさんに分かりやすくニュースをお伝えできると思います。
フリーエリア
看護師転職事例
検索フォーム

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。